クルーズマニアックサウンド JBモデルのテイルピース顛末。

クルーズマニアックサウンド OSL-JB

 

ストップテイルピースのジェフベックモデル。

 

音は本家ギブソンに負けず劣らず。

 

しかし・・・

 

やはりチューニングが・・・

 

オクターブピッチが合いません・・・

 

そこで、テイルピースを交換しようと思い立ちました。

 

ネットであれこれ捜します。

 

そしてこれを見つけました。

 

 

 

 

バダスタイプの駒付テイルピース。

 

取り付けてと・・・

 

なんじゃこりゃ!

 

音悪ぃ~・・・

 

安いだけあって、こりゃ中国製だね。

 

中国のバイヤーズサイトで売ってたもん。

 

こりゃだめだ・・・

 

取り外し。

ほんじゃ、ついでにラリビーのギターに付いてる

 

 

トーンブロスに換装してみよう。

 

・・・クルーズはセンチか・・・

 

トーンプロスはアメリカ製なのでインチ。

 

弦ピッチが合わん。

 

音はまあまあ良かったが。

 

取り外し。

それならば!

 

やっぱり日本製!センチサイズ!

 

GOTOH 製ウイルキンソンじゃ!

 

2~4弦までオクターブピッチの調整が出来る!

 

おりゃ!

 

・・・

 

・・・

 

3弦か4弦が駒から外れる・・・

 

なんじゃこりゃ!

 

速攻取り外し。

う~ん。困った。

 

それならば、弦のサイズを変えてみよう。

 

ネット情報では、1~3弦が009セット。

 

4~6弦が046のセットにすれば合うよ~的なことが書いてあったが、

 

それではこのギターではバランスが悪い。

 

このギターには010セットがグッドバランスなのだ。

 

大体一番ピッチが悪いのは3弦と4弦。

 

そこで、3弦と4弦だけ009セットの物に変えてみたのさ。

 

・・・

 

合うやん。

 

合わせれるやん!

 

という訳で、大変な出費をしましたが弦2本で済んだと言う。

 

おっと、色々ブリッジを変えてみましたが、

 

オリジナルが一番音が良かったのですよ。

 

妙に納得。

 

ストップテイルピースでお悩みの方はピッチが合わない弦のサイズだけを

 

変えてみる事をお勧めいたします。

 

グッドラック!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。