文化祭の季節。コピーについて。

そうですか・・・


もう文化祭の季節ですか。


文化祭での演奏についての駆け込みの生徒さんが多くなりました。


いかんせん、本番までの時間が無い。


そりゃお困りでしょう。


そんな時、頼りになるのが市販のバンドスコア。


しかしいかんせん(2回目)、間違いが多いです。


「先生、教えていることが譜面と違いますよ。」


そりゃそうです。譜面が間違っているんだもの。


市販の譜面が絶対だという思い込みは外しましょう。


ここで、コピーのコツをお伝えいたします。


①まずは曲を聴き込む事。


②出来る部分、出来ない部分を明確にする事。


③自分で譜面を書いてみる事。絵でも文字でも大丈夫。書くことが大事です。


それでも判らない時はジェイズに駆け込む!


譜面も書いて差し上げます。


なぜ弾けないのか?についてもメンタル・技術を含めてお伝えいたします。


最後に・・・どうしても弾けない場合があります。


そりゃそうです。いきなりプロの真似は無理ですからね。


その場合は・・・


早々にあきらめて違う曲を選ぶ。


それでいいんですよ。


いつかリベンジすればいいのです。


さあ、そのために練習しましょう!


ジェイズで一緒にがんばりませんか?


皆様のお越しをお待ちいたしております。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。