音の重み。

言葉に重みがあるように、音にも重み。すなわち圧倒的存在があります。

 

いたずらに早口で自分の意見だけを言う人の言葉は、

 

重みが分散され、威圧的ではあってもその1つ1つの存在は軽いものです。

 

反対に言葉少なく、他人の意見を聞き口を開く人の言葉は一言でも心に響きます。

 

メール・SNSの言葉が簡単に人を傷つけてしまうのも、その言葉が文面では軽く見え、

 

意味を深く探ろうと心を磨り減らすからです。

 

ギターの音も言葉と同じです。

 

もう解りましたか?

 

心に響く音を言葉のように選びながら慎重に、しかも大胆に放つのです。

 

上辺だけのテクニックで音を機関銃のように羅列しても、それはただのエンターテナー。

 

すべての音に意味を持たせれば、それはアルチザン。

 

たった1音でも心をこめて弾けば、おのずと人の心を打つものです。

 

あ、この話はあくまで表現者を目指す人に向けての話です。

 

家で楽しんで弾く分には私も気にせず弾きまくってますので。

 

音の重さがたとえ100分の1グラムでも、心を込めて弾きましょう。

 

私もそこを目指してがんばります。

 

それではレッスンでお会いいたしましょう。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。