オリジナルギター1号・2号。

自分で作ったほうがかなり安上がりだぜ!って勢いで作ったギターも2本となりました。

激鳴り。

レスポール並みのパワー。

国産加工材。

ネック:アトランシア

ボディ:アイチ木材

ペグ:ゴトー

ブリッジ:ウイルキンソン

ピックアップ:ウイルキンソン

鳴らない。

パキパキ。

ハムバッカーで補う感じ。

ネック:WARMOTH(USA)

    ローステッドメイプル

ボディ:WARMOTH(USA)アルダー

ペグ:ゴトー

ブリッジ:ウイルキンソン

ピックアップ:GOTOH

ネック入れ替え。

そこそこの鳴り。

テレキャスターに近くなった。

ネック:WARMOTH(USA)

    ローステッドメイプル

ボディ:アイチ木材

ペグ:ゴトー

ブリッジ:ウイルキンソン

ピックアップ:ウイルキンソン

ネック入れ替え。

そこそこの鳴り。

ハムバッカーのキャラクターが明確になった。

ネック:アトランシア

ボディ:WARMOTH(USA)アルダー

ペグ:ゴトー

ブリッジ:ウイルキンソン

ピックアップ:GOTOH


コンポーネントギターの泣き所で、組んでみるまで音が判らない。

 

過去にギターをオーダーして痛い目にあったこともあるしね。

 

今回組んでみて判った事は、日本の加工材料で大丈夫ということです。

 

実際、1号機のアトランシアのネックは激鳴りでした。

 

ギターの鳴りはネックで決まる。音質はボディー材だ。

 

USAワーモスのネックも良く出来ているのだが、鳴らない。

 

こればっかりはボディ材ではフォローしきれない。

 

結果、

 

1号機・・・鳴らないワーモスネック+音質的に懐の深いアイチ木材のアッシュボディ(スワンプアッシュでは無いよ)

 

2号機・・・激鳴りアトランシアネック+そこそこワーモスアルダーボディ。

 

で両者痛み分けになりました。

 

しかし・・・

 

激鳴りのアトランシア+アイチ木材も捨てがたいんだよね~。

 

あ~。

 

ギター作りは奥が深い。

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。