自分をほめることを忘れていませんか?

いや~めっきり寒くなりましたね。

 

どうも。

 

自分に厳しく他人に優しい鉄弦先生です。

 

 

 

 

 

ギターを弾くのは楽しいですか?

 

 

練習しなければ上手くならないのは当然ですが、時間が無かったり、指がぜんぜん言うことを聞いてくれないなど

 

そう簡単ではないですよね。

 

 

そりゃそうです。

 

普段使わない動きをするんですから、ある意味リハビリですよ。

 

 

立位体前屈だって毎日少しずつ「痛ぇ~」と言いながらも続けていかないと、床まで手が届きませんよね。

 

 

 

 

だからといって諦めちゃいけませんよ!

 

 

悪いところを探すのは簡単ですが、少しぐらい上手くいったり良い点があるはずです。

 

 

 

そこをほめましょうよ。

 

 

 

頑張った!自分。と。

 

 

 

良いところを伸ばしてやれば、悪いところを覆い隠すかもしれません。

 

 

 

先生も生徒さんの悪いところやアラ探しはしません。

 

致命的なところは指摘しますけどもね。

 

 

 

基本的には必ず良いところを見つけて伝えます。

 

 

えぇ、ほめ殺しです^^

 

 

 

 

遠くから来てくれたら、それだけでもほめ倒します。

 

 

ですから皆さんも、「出来ない」「だめだ」「無理だ」と決して口にしないでください。

 

 

 

「私は1時間もかけてジェイズに来たよ。すごいね」

 

 

「ほめられたけど、そこだったとは気づかなかった。良かった~」

 

 

どんな些細なことでも、自分のいいところを見つけてほめてあげてください。

 

 

もし無ければ・・・

 

 

 

 

 

とりあえず「イイネ!」と言っておきましょう。

 

 

 

 

禁句は「くそっ!」「ファ○ク!」「ガッデム!」などなど・・・

 

 

 

先生自身はポジティブな性格でもなんでもないので、フェイスブックとかにリア充なことは載せたりはしません。

 

 

ただ、ネガティブだと疲れますよ。

 

 

 

 

自分をほめる。

 

 

 

 

ちょっとやってみてみ。

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。