· 

音楽理論についてもう少し語ります。

音楽理論。

 

この4文字を見るだけで拒否反応を示す事はもうありません。

 

 

今回、簡単に説明しますので少しお付き合いください。

 

 

音楽理論を知らないと言う事は英語を話せないのと同じです。

 

日常生活にはまったく支障はありません。

 

 

必要となるのは、英語で自分の意見を言いたい時です。

 

音楽で自分を表現したい時です。

 

 

皆さんは簡単なコードなら知っていますよね?

 

英語なら簡単な挨拶や英単語です。

 

 

英語で自分の感情や状態を相手に伝えたいときは、まず日本語で考えた文章を英語に訳そうとしていませんか?

 

それはスキルが無いと無理ですね。

 

 

ギターでアドリブがしたい。

 

作曲がしたい。

 

そんな時には自分が知っているコードやスケールを何とか組み合わせようと頑張っていませんか?

 

そんな必要はありません。

 

 

英会話にも音楽にも形式があるのです。

 

 

それが音楽理論です。

 

子供が話す英語が簡単な音楽理論だとするならば、

 

ビジネスで話す英会話は高度な音楽理論です。

 

 

皆さんが難しいと思い込んでいるのは、このビジネス英会話をいきなり学ぼうとしているからです。

 

まずは簡単な子供の英語から覚えれば、少しずつ形式で話せるようになります。

 

つまり、聞き手に伝わるアドリブや作曲ができるようになります。

 

 

ではその覚えておくべき簡単な事をお教えしましょう。

 

 

 

ド・ミ・ソのC・E・Gは1・3・5。

(Fコードのファ・ラ・ドも1・3・5)

 

コードのC・F・GはⅠ・Ⅳ・Ⅴ。

 

 

これだけ覚えておいてください

 

 

まずはここからです。

 

 

全てはここから始まります。

 

 

アルファベットで表記されているコードや音を数字に置き換えるのです。

 

 

特に基本となるのが上記のものです。

 

 

さあ、ここから新たなギターライフを始めましょう!

 

 

いや、始まりますよ!

 

 

 

 

ジェイズギタージム:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-1 オリンピックマンションB11

TEL:0422-26-6609 E-MAIL:jsguitargym@gmail.com

営業時間:10時~22時 定休日:不定休



サウンドハウス