· 

リディアン7thとか。その先にあるもの。

トライトーンサブとか。

 

代理コードとか。

 

サークルオブ5thの対面を見ると良いだけ。

 

 

ジャズブルースの4thコードには4thルートからのリディアン7thを弾けばいいやん。

 

でもそれはトニックのメロディックマイナーを4thから弾き始めただけなんだけども。

 

ドミナントにも使えるしね。

 

これはロベンフォードの得意技。

 

 

スケールを覚える。

 

使い方を覚える。

 

それだけではかっこ悪くて、コードトーンに着地する事をダウン・アップビートで練習して叩き込む。

 

 

アドリブで思いついたスケールやアウトをしても、スピードによっては弾き損じるしカッコつかない。

 

練習して身に付いたもの以外は無理に弾いてはいけないし、そもそも弾けない。

 

 

問題はその先なんだよ。

 

 

コードトーンに合わせました。

 

1・3泊目にターゲットノートを置けました。

 

コンディミも弾きこなせます。

 

 

その先。

 

 

その先は感性なんだよ。

 

 

理論に基づきながらも理論にとらわれない感性。

 

 

そこに個性が出るし、音楽的にもより豊かに芳醇に響きだす。

 

 

頭でっかちになった後はすっからかんにする事も大事。

 

 

童謡の「ちょうちょ」と「さくら」の違いや凄さに気づく感性を持てれば良いね。

 

 

ドはドで無くなり、ドこそがドになり、ドはただのドになりますよ。

 

 

練習は大事。

 

練習練習また練習。

 

 

感性はその先を目指す者に授けられる。

 

 

感性こそが音楽を豊かにするものだと俺は信じている。

 

 

 

 

 

 

ジェイズギタージム:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-1 オリンピックマンションB11

TEL:0422-26-6609 E-MAIL:jsguitargym@gmail.com

営業時間:10時~22時 定休日:不定休



サウンドハウス