· 

おーだーてれきゃすたーかんせい!

ボディ:日本製スワンプアッシュ 

 

ネック:日本製メイプルワンピース 

 

その他:イイ感じのパーツ達

 

これは20万円です。

 

ジェイズの生徒さんには、かなり割引して製作します。

 

 

ジェイズで製作するギターはコンポーネントです。

 

つまりはパーツを寄せ集めて組み上げるギターの事です。

 

しか~し!

 

それだけではいいギターは完成しません!

 

 

ネックの握りはオーナーさんに合わせて加工します。

 

ボディは発注段階で、0.5ミリ単位の指定があります。

 

削り・磨きもします。

 

ナットも作る。フレットも打ち換えるときもある。

 

指板のラウンドを変更するときもある。

 

結構加工はするんです。

 

 

 

イイ感じのパーツも安くて信頼性があり、良い音のする物を選んでいます。

これは今までの試行錯誤の結果、決定できる重要な項目です。

 

塗装はオイルフィニッシュですが、ワトコなんて使いません。

パステルブルーの顔料が入っている自然塗料を使います。

 

塗料も試行錯誤して見つけた良い物です。

 

ネックはウレタンオイルにて仕上げます。

その方が音が良いからです。

 

 

高価なパーツを使ったからと言って、必ずいい音になるとは限りませんし断言しません。

 

高いギターだから良いんだ!

 

何て言う人は信用しません。

 

コストに見合った良い造りのパーツを組み合わせて、良い感じの音になるギターを作るには

経験が必要です。試行錯誤が必要です。

 

ゴトー、ダンカン、フェンダー、ギブソン、シャーラー。

 

名の通ったメーカーの高いパーツを使ってギターを組めば、そりゃ高くなります。

でも音が良いとは限りません。

 

私が作るのは「コストに見合ったパーツで作る、最高のギター」です。

 

その為に世界中から個人輸入して試行錯誤しました。

 

そして、安くても信頼性のある良いパーツを見つけ出しました。

 

塗料もそうです。

 

場所的にラッカー塗装は出来ませんので、ウレタンオイルでも鏡面加工が出来る方法を構築し、

見合った塗料も見つけました。

 

基本的にオーダーギターは高額です。

 

それは高価なパーツをふんだんに使うことも理由になります。

 

 

私はそんなものは作りたくないのです。

 

安くて、弾きやすくて音も良い。信頼性もある。

 

そんなギターを作りたいし、作っています。

 

 

そりゃね、大手みたいにピカピカのギターには出来ませんよ。

 

でもね、

 

最高のギターは作れます。

 

しかも安いし。

 

 

オーダーしてくれなきゃスネちゃうんだからね!

 

 

てつげん

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェイズギタージム:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-1 オリンピックマンションB11

TEL:0422-26-6609 E-MAIL:jsguitargym@gmail.com

営業時間:10時~23時 定休日:不定休

サウンドハウス
ジェイズのホームページはジンドゥで製作しています。