· 

メジャーを制するものは音楽を制す。

ギターを自在に弾きこなすには様々なことを覚えなければなりません。

 

それはジャンルを問わずに、です。

 

何故なら西洋音楽をベースにしている限りキーは12個あり、音階は7音。

 

そしてメジャーとマイナー。コードは3音が基本。こりゃ大変だ!

 

みんなが音楽理論を嫌うのも良く判ります。

 

 

しかし!大丈夫なんです!

 

 

今から1つだけ大事なことをお伝えします。

 

もうそれで大丈夫!

 

乗ったことの無い大船に乗ったつもりでいてください。

 

 

言いますよ・・・

 

 

メジャーペンタを制しましょう!

 

以上です。終わり!

 

 

 

 

 

 

 

 

メジャーを制するものは音楽を制す②

 

トリッキーでしょ?

 

では真面目に進めて参ります。

 

 

ギターをある程度弾ける方にとって、マイナーペンタはもう余裕で弾ける入門スケールに

なっていることでしょう。

 

実は奥深いという事については黙っておきましょう。

 

 

ではメジャーペンタはどうですか?「んなもん平行調で同じやんけ。」

 

はい。その通りです。

 

ではAブルースとキーCの1625のコード進行で同じフレーズを弾いてみてください。

 

合いますか?

 

合ってはいますがカッコ悪くないですか?

 

 

Aブルースで弾いたフレーズは6弦ルートのポジション1ではないですか?

 

例えそのポジションがCメジャーペンタと同じであり、Cから弾き始めたとしてもカッコよくはなりません。

 

Cメジャーペンタにはカッコ良く弾けるポジションが他にあるのです。

 

 

その場所を知らない限り永遠にメジャーを制することは出来ません。

 

 

つまりは普通の音楽が出来ないのです!

 

ではそのポジションはどこなのか?

 

それはラリー・カールトンが得意としているフレーズがヒントです。

 

元々はBBキングが得意としていました。

 

 

その場所は・・・2弦13フレットのCコードの場所にあるメジャーペンタです。

 

 

具体的には3弦12F/14F 2弦13F/15F(1音チョーキングあり) 以上です。

 

 

 

このポジションだけで3分間バッキングトラックで弾き続けられればOK。

 

そこからコードトーンやメジャースケール、他のポジションに移行できればもっと幅が広がります。

 

何故その場所なのか?それはギターだから、としか言いようがありません。

 

レギュラーチューニングの場合、音選びが自然に良い感じになるのではないでしょうか。

 

 

まずはメジャーペンタ。

 

 

メジャーを極めればもう恐れるものはありません。

 

ギターを極める第一歩にもなりえる究極のポジションです。

 

 

以上ですが、文章のみなので理解し辛いと思います。

 

そんな皆さんのためにジェイズギタージムは常に門戸を解放しております。

 

 

どうぞお気軽にお越しください。

 

 

グッドラック!

 

ジェイズギタージム:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-1 オリンピックマンションB11

TEL:0422-26-6609 E-MAIL:jsguitargym@gmail.com

営業時間:10時~22時 定休日:不定休



サウンドハウス